ハイオク レギュラーの違い バイクにハイオクはパワー 燃費よくなる?

スポンサーリンク
バイク

今回はハイオクとレギュラーガソリンの違いと、ハイオクガソリンをバイクに入れるとパワーアップするのかについて解説したいと思います。

ハイオクは高性能なので、バイクにはとりあえずハイオク入れている方も多いと思います。

その選択、本当に正しいのでしょうか?

実は無駄かもしれません。詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ハイオクとレギュラーの違いとは?

ハイオクとレギュラーの違いとは?

まずは、ハイオクとレギュラーの違いについて簡単に紹介します。

ハイオクとレギュラーの違いはなんのなのか?

一番に思いつくのがハイオクは黄色のノズルで値段が10円高いことだと思います。

それは誰でも知っている常識ですよね(笑)

ハイオクとレギュラーの違いはオクタン価が違います。

オクタン価とは耐ノック性を表した数値で、簡単にいうとガソリンの燃えにくさを表しています。

オクタン価の数値が小さければ燃えやすいガソリンで、大きければ燃にくいガソリンということです。

日本ではJISの規格でレギュラーとハイオクのオクタン価の数値は決まっています。

ハイオクとレギュラーの規格はそれぞれ、

  • ハイオクはオクタン価96以上
  • レギュラーがオクタン価89以上

ちなみに、アメリカではレギュラーガソリンのオクタン価が87で数値だけ見ると日本より低いですが、そもそも測定方法が違うので数値も違います。

2021年最新情報!アメリカのガソリンについて価格や種類を日本と徹底比較

そのほかの違いは、ハイオクは少量の添加剤が入っていてエンジンをキレイにするとか燃費が良くなって、パワーアップするようです。

正直、その洗浄剤とかの成分とかどれくらい入っているのかは不明。

すべて当社比で記載されています。当社比ってすげぇ便利やなと思う。

ということで、ハイオクとレギュラーの大きな違いはオクタン価が違うということで問題ないです。

ハイオク指定車にレギュラーの給油はすぐに故障しないけどNG

ハイオク指定車にレギュラーの給油はすぐに故障しないけどNG

ハイオク指定の車やバイクにレギュラーガソリンを給油するのはNGです。

理由はハイオク仕様のエンジンでレギュラーを使用すると最適なタイミングで爆発せずに、異常燃焼が発生してピストンにダメージが発生するからです。

エンジン内の混合気が爆発する最適なタイミングは決まっています。

エンジン内の混合気が爆発する最適なタイミングは決まっています。

ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを入れると混合気の爆発するタイミングがずれるので・・・

要するにレギュラーガソリンは燃えやすい燃料なので、普段の爆発するタイミングよりも早く爆発します。

すると、ピストンが上がりきる前に爆発します。

爆発したエネルギーはピストンの上がろうとする力とケンカになり、ピストンにダメージが発生します。よくいうノッキングやデトネーションですね。

なので、ハイオク仕様の車やバイクにレギュラーを入れるのは危険です。

ただし、ここ20年くらい前の車なら、ノッキングが発生すると自動的に点火時期を遅らせることができるので、エンジンがすぐに壊れることはないです。

しかし、エンジン本来の性能が出ないので、結局、パワーも出なくなり燃費も悪くなります。

バイクでは07年式のCBR600RRのPC40からハイオク指定になったのでノッキングセンサーがついています。レギュラーを入れても壊れることはないですが、せっかくのスーパースポーツなのにエンジンのパワーがないと楽しさ半減になります。

外車の場合、日本とはレギュラーのオクタン価が違うので、日本で乗る場合はハイオクを入れることになります。

外車のバイク場合はノッキングセンサーがついていない場合もあるので注意が必要です。 まぁ入れてしまっても低回転で燃費走行していれば、すぐに壊れることはないです。

レギュラー車にハイオクを入れるとパワーが上がるのか

レギュラー車にハイオクを入れるとパワーが上がるのか

実際にレギュラー車にハイオクガソリンを入れた場合どうなるのか?

パワーが上がるのか?

もしくは燃費が良くなるのか?これついて解説していきます。

レギュラー車にハイオクを入れるとパワーは上がるのか?

答えはパワーは上がらないし、燃費もよくならないです。

理由は、レギュラー仕様のエンジンではハイオクガソリンを燃やしきれないからです。

先ほどの説明した通り、ハイオクは燃えにくいガソリンです。

レギュラーで最適な圧縮や点火時期で設計されたエンジンではハイオクのガソリンでは燃えにくくなりエンジンのパフォーマンスが低下します。

ただし、パワーが落ちるのが体感で分かるのか?というと全然そんなことなくて体感はしません。ただ、自分が感じ取れんかったのかもしれませんが・・・(笑)

「ハイオクには添加剤が入っていて、燃費がよくなったり、エンジンがキレイに保てる」って意見もあると思います。

ハイオクガソリンを入れてもエンジンは思っているよりもキレイにはなりません。確かに添加剤によって多少はキレイになるかもしれません。

しかし、ハイオクガソリンの中にどんな成分の洗浄剤がどれくらい入っているか分かりません。

だから、エンジンをキレイに保ちたいなら、ハイオクガソリンよりも市販の添加剤入れます。

同じ当社比なら、ハイオクガソリンよりも確実に効果があります(笑)

自分が街乗りで燃費をエンジンの洗浄を目的に添加剤を入れるならワコーズのフューエル1にします。

理由は実績があって効果があると思うからだけど、実際にはフューエルワンは試したことはない。

添加剤も試したことがありません。

なんで添加剤をいれないのか、添加剤を使わない理由は、添加剤でコンディションを維持するよりも、オイル交換をマメにしたり、オイルのグレードを上げたり、メンテナンスをマメにする方が、効果が高いからです。

燃焼室の汚れはオイルで直接洗浄は出来ないけど、オイル交換をマメにすることで間接的には効果あると思います。

ハイオク、レギュラーガソリンの使いわけ

ハイオク、レギュラーガソリンの使いわけ

ハイオクガソリンを使っている車両は街乗りのNSR80とサーキット走行のバイクです。

街乗りのNSR80はガスケットを調整して少し圧縮を上げています。

チャンバーなどの吸排気はノーマルですが、圧縮は調整しているのでハイオクを入れています。

調整内容はヘッドガスケットを薄いものに変えた程度でほんの少し圧縮上っています。念のためにハイオクガソリンを入れています。

レース用のNSR50はハイオクを入れています。

ノーマルクラス、オープンクラスともにハイオクガソリンです。

オープンクラスはシリンダーヘッドの燃焼室加工をしているので圧縮が上がっています。なので、ハイオクガソリンを使用しています。レギュラー入れると多分壊れます。怖くて試したことないけど(笑)

ノーマルクラスのNSR50もハイオクガソリンです。

ノーマルエンジンなので圧縮はレギュラー対応ですが、CDIを社外品に交換しているので、念のためハイオクを使っていました。

CDIを交換すると点火時期は早くなって、レギュラーガソリンだとデトネーションが発生する可能性があります。

それと15年くらい前にノーマルクラスでスプリントレース出ていた時、回りはみんなハイオクを使っていたから、思考停止して何も考えずにハイオク使っていました。

ここからあまり言いたくないのですが・・・

レギュラーガソリンを使った方が、バイクが速くなる場合もあります。

これは圧縮を調整していないノーマルクラスに言えることですが、ハイオクに比べるとレギュラーは燃えやすいです。

だから、爆発しにくいハイオクよりも燃えやすいレギュラーの方が、パワーが出る場合もあります。

実際、リブラプロのM15チャンバーはレギュラーガソリンを指定しています。

2ストに限ったことではなく4ストでも同じようにノーマルクラスではレギュラーの方が、ハイオクを使うよりもエンジンが速くなることがあります。

サーキット走行予定の方で、ノーマル仕様の場合はぜひハイオクとレギュラー両方試してみてください。

レギュラーガソリンはバカにできないと思います。

その他の旧車の大型バイクKZ1000や車はすべてレギュラーガソリンを使用しています。

指定がレギュラーガソリンですし、ハイオクの添加剤も全く期待していないのでレギュラーで必要十分です。

繰り替えしになりますが、ハイオクのエンジン洗浄と燃費向上の成分を期待するなら、燃料添加剤を入れた方が効果は高いです。

まとめ ハイオクとレギュラーの違いとは

まとめ ハイオクとレギュラーの違いとは

ハイオクとレギュラーの違いはオクタン価が違う。

ハイオクのオクタン価は96

レギュラーのオクタン価は89。

ハイオクはレギュラーと比較して燃えにくいガソリン。

ハイオクガソリンを入れてもパワーは上がりません。

理由は、ハイオクはレギュラーと比べて燃えにくいからです。

レース用のバイクはハイオクを使っています。

理由は圧縮が上がってハイオクガソリンを使わないとデトネーションでエンジンが故障するからです。

しかし、街乗り用で旧車の大型バイクや車も含めてレギュラーガソリンを使っています。

なぜなら、レギュラー仕様車にハイオクを入れても効果がないからです。

今回は、ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いについて解説しました。

最後に言いたいのは、ハイオクがレギュラーと比較して値段が高いから性能が良いとは言い切れません。

値段とかプレミアムガソリンという名前に惑わさず、エンジンに合わせて燃料を選ぶことが重要です。

以上、レギュラーガソリン、ハイオクガソリンの解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました