アメリカのコストコ!会員になった理由と買ってよかったおすすめを紹介!

スポンサーリンク
コストコアイキャッチアメリカ生活

こんにちは。たくあん!です。

今回はアメリカ発祥のCotcoを紹介します。

ご存じの通りコストコは、電化製品、衣料品、食品、医薬品などなんでも揃っている大型の倉庫型店舗です。

日本でも人気のコストコ。

私も日本のコストコによく行っていました。そして、アメリカでも現地で会員になりました。

日本とアメリカの両方利用した現役駐在員が、日本とアメリカの違いとなぜコストコの会員になったのか解説します。

そして、我が家が毎回リピート買いしているアイテムも紹介します♪

スポンサーリンク

Costcoについてコストコorコスコ?

日本ではコストコで浸透していますが、実は本場アメリカの発音はコスコです。

日本へ出店時に中国の海運会社が先にコスコで商標登録していたので、日本ではコストコとしたそうです(Wikipediaより)

こっちでコストコといっても日本人に通じますが、現地の方には通じません(笑)

日本のコストコと年会費の違い

日本のコストコとアメリカのコストコの違いは扱っている商品も違いますが、一番の違いは年会費です。

年会費の一覧をまとめました。

日本とアメリカの年会費一覧

アメリカの年会費は高く日本の年会費の1.45倍です。
$60 = 日本円で6,400円(2020年5月9日レート 1ドル=106.68)

Amazonのプライム会員もそうですが日本はあまり年会費を払うという概念がないので値段を下げているのでしょうか。

クレジットカードも日本では年会費無料が多いですが、アメリカではほとんど年会費が必要です。

ゴールドスターエグゼクティブ会員の特典

アメリカでは良くエグゼクティブ会員の勧誘に勧められます。
これまでにもレジで会計中によく勧められました。

エグゼクティブ会員の特徴はズバリ、コストコとコストコトラベルの利用した金額から2%キャッシュバックがあることです。

ただし以下の注意が必要です。

  • キャッシュバックの上限は$1,000
  • アルコール、ガソリンは購入金額に加算されない。
  • キャッシュバックは、アルコール、ガソリン、オンライン旅行に使えない

月250ドル以上コストコで買い物する方は、キャッシュバック額が60ドル以上になるので、エグゼクティブ会員になるメリットが出てきます。

参考に月の購入金額とキャッシュバック額の表にしました。

キャッシュバック比較表

単純に年会費分を取り戻そうとすると月500ドル使用する必要があります。

結構厳しい気がします。

我が家はゴールドスター、普通の会員です。

理由は、

  • コストコの月の平均利用金額250ドルほどですが、キャッシュバックを意識すると無駄なものまで買ってしまう恐れがあるため。

  • ガソリンが購入金額に加算されないので大きなキャッシュバックが見込めない

以上の2点からゴールドスター会員です。

コストコは見極めて買わないとあまり安くない商品もあるので注意が必要です。

日本のコスコととの違い(その他)

  • アメリカのホットドッグはビーフ100%で美味しい。
  • ドリンクバーにウーロン茶がない。
  • 当たり前ですが、日本の物が少ない。
  • 500mlのカークランドの水は水道水。ただし、40本入りで3ドル程度
  • 日本で有名なでかいティラミスを未だに見たことがない。
  • VIZAカードか現金のみ支払い

アメリカのコストコ会員になった理由

アメリカには、コストコ以外にもサムズクラブという同じ倉庫型店舗があります。

コストコと同じような販売形態ですが、ウォルマート系列です。

こちらは年会費45ドルで住んでいる家から近いのですが・・・コストコを選びました。

理由は、日本でもよく行ってたし、馴染みがあって楽しいからです。

あと、オーガニック食品の取り扱いが多くて、子どもの食材はオーガニックのものを与えたいもの1つの理由です。

子ども関係のものは、すべてコストコで購入しています。

コストコ会員はお得?年会費の元が取れる?

コストコの店舗に併設されているガソリンスタンドですが、周辺のガソリンスタンドと比較しておおよそ1ガロンあたり、20~30セント安いです。

例えば20セント安いとして、300ガロン給油すると年会費60ドル分を賄えます。

今の自動車の平均燃費が20マイル/ガロンなので、6000マイル走行するとガソリン代だけで元が取れます。

我が家は年間1万マイル以上走行して、コストコでしか給油しないので年会費はガソリン代だけで元が取れています。

コストコのクレジットカードについて

コストコにはCitiからVISAのクレジットカードが出ています。

コストコの会員なら年会費が無料で、さらにガソリンにも年間4%のキャッシュバックがあり(ただし最初の1年間だけでその後は1%)

コストコの買い物にも2%のキャッシュバックがつき、エグゼクティブ会員なら2%+2%で合計4%のキャッシュバックが受け取れます。

コストコでしか買い物しない方には、おすすめだと思います。

アメリカのコストコは、Vizaのクレジットカードか現金での支払いが可能です。

VISAカードが使えて支払いが困らないので、我が家はコストコのクレジットカードは作りませんでした。

コストコでしか買わないおすすめ5品

おしりふき

子ども用のおしりふきです。日本製と比較して分厚くて使いやすいです。日本からおしりふきを持ってきましたが、コストコ製が使いやすいので必要なかったです。

おむつ

アメリカのオムツはパンツタイプがなくてテープ式ばかりです。質感も日本製には到底及びません。コストコのカークランドブランドなら良さそうということで、オムツはコストコで購入しています。同じサイズでも日本製より少し小さい印象です。

ガソリン

アメリカのコストコはほとんどの店舗でガソリンスタンドが併設されています。

そして、近隣のガソリンスタンドの価格よりも安いです。

あまり減ってなくても買い物の度に満タンにするようにしています。

エンジンオイル(モービルワン)

我が家には車が2台あり、両方ともエンジンオイル交換など簡単なメンテナンスは自分で行うようにしています。

コストコのエンジンオイルですが、度々セールもやっていて他より安いです。

また、1クオーター(約1L)6パックなので使い勝手もいいです。

ラップ

コストコのラップ、大容量でカッターも使いやすいです。

ただ熱に弱くて電子レンジは使えません。電子レンジは日本のラップと使い分けています。

タコス

日本では見たことがないですが、すぐに食べることが出来ておいしいです。

良く買って帰ります。

パクチーは嫌いですが、このパクチーのソースは食べることが出来ます!(笑)

プルコギ

日本でも売っているプルコギです。味も日本と同じです。

1パック買って、小分けして冷凍保存しています。

いろいろな料理にアレンジも出来るので、なくなったら買っています。

住んでいる場所はあまり日本人が多くないからか、コストコにお寿司は見たことがありません。もしあったら味見したいですが・・・

コストコで写真プリントCostco Photo

コストコで写真のプリントが可能です。それもかなり安いです。4インチ×6インチが$0.19~

普通のプリントの他にも、マグカップやフォトブックも作成できます。

旅行の写真をプリントアウトしましたが、アプリが写真を選んで簡単に注文できて、注文枚数が増えると送料無料になるのでネットで注文しました。

もちろん、実店舗で受け取りも可能です。

郵送の場合1週間で到着しましたが、実店舗だと納期は短くなります。

プリントの品質も悪くなくウォルマートと比較しても安いと思うので、注文してみてはどうでしょうか。

当日プリントは出来ないのと思うので、急いでいる場合はNGですね。

あと、取り扱い店舗も限られています。

お時間がある場合は郵送がいいと思います。

最後に・・・・

コストコについて解説しました。

アメリカのコストコなので日本の物は少ないですが、たまに冷凍ラーメンがあったり、おーいお茶のペットボトルが販売されます。

貴重な日本食材は、期間限定がばかりですぐになくなっていますが、毎回新しい商品が並ぶのでコストコのお買い物は楽しいです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました