ボタン押すだけ超簡単!圧力鍋(インスタントポット)で吉野家の牛丼レシピ!

スポンサーリンク
アイキャッチその他

インスタントポットを手に入れてから日々いろいろな料理を簡単に作れないかトライするようになりました。

 今回の記事では、いろいろなレシピを参考にした我が家の吉野家の牛丼レシピを紹介します。このレシピが他の違うのは、鍋に材料入れてボタン押すだけという究極に簡単なレシピです。

吉野家の牛丼が簡単で美味しく誰でも再現できるのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

牛丼の肉選び!柔らかくなる部位を選ぶ。

吉野家の牛丼はアメリカ産の牛バラ肉を使用しています。もちろん、使用する材料はアメリカ産の牛バラ肉を使用します。 日本ではあらかじめカットされた牛バラ肉がスーパーで手に入ります。

近所に業務スーパーがある場合は、「牛バラ切り落とし」という商品が冷凍食品コーナーであるようです。こちらを使ってもオッケーです。

アメリカ在住の方は、牛バラを手に入れるのに苦労します。アメリカに住んでいて、アメリカ産の牛肉なのになぜ??と疑問にお持ちの方も多いと思いますが・・・

いろいろなスーパーで探すのですがなかなか見つかりませんでした。

しかし、アメリカのコストコで発見しました!

ちなみに牛バラは英語で「Beef Brisket」です。 コストコで発見した牛バラがこちらです。

どうでしょうか。この量と安さ!!しかも、「Prime」

10.33パウンド=4.69kgです(笑)

454g(1パウンド)あたり$3.49です。

安いのですが、難点は自分でカットする必要があります。

あと、脂肪が多いのでトリミングすると量が減ります。。。 我が家では、ブロックに切って、冷凍して、ミートスライサーで薄切りにしています。

アメリカでは薄切り肉はあまり売っていなくて、お肉屋さんでしかカットしてくれません。

ミートスライサーがあると自分でカットできるので、渡米前の購入がおすすめです。もちろん、現地にも売っています。

今回は、カットしている様子を取り忘れたのでまた写真を撮ったら更新します。 前置きがかなり長くなりましたが、いよいよレシピの紹介です。

大人気!吉野家の牛丼レシピの材料

  • アメリカ産 牛バラ肉 300g
  • 玉ねぎ 1/2玉
  • 水 180g
  • 白ワイン 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • さとう 大さじ1
  • ほんだし 大さじ1/2
  • りんご 50g(あれば)
  • ダシダ 大さじ1/2

味はお好みで調整してください。

白ワインはウォルマートで買った$2.5の激安白ワインを使用しています。

まだダシダを試していませんが、今度韓国食材店に行って買って試してみます。

これがないと吉野家風らしいです。個人的にはかなり吉牛の味に近いと思いますが。

ついに買いました。ダシダ!!そして入れてみました。

肉はバラ肉ではなくCHUCK(肩ロースで)で作ったため、吉牛というより、すき屋の牛丼に近くなりました。でも、美味しかったです。今度、バラ肉で再挑戦です!

余ったつゆは冷凍で保存して、継ぎ足しで使っています。

超簡単!圧力鍋(インスタントポット)で吉野家牛丼の作り方

作り方は超簡単です。

何も考えずに、上の材料を鍋にぶち込みます。りんごはすりおろしてくださいね。

肉入れて・・・

重なっていたらほぐしてあげて・・・

りんご50gをすりおろして・・・

玉ねぎ入れて・・・

調味料すべて放り込みます。

インスタントポットの蓋をして、低圧で15分にセットしてあとは完成を待ちます。

電気圧力鍋の方も同じ設定で大丈夫です。

15分加熱して圧力が下がるまで放置したら完成です。

インスタントポットだと画像のように丸い金属のボタンみたいなのが下がれば完了です。

蓋をあけるとこんな感じです。

完成です。

超簡単!インスタントポットで吉野家の牛丼レシピまとめ

いかがでしたか?何も考えず、材料入れてボタン押すだけの時短料理。

普段、まったく料理しないですがこのレシピ完成させるために試行錯誤してかなりの回数を作りました。

おかげ様でコストコで買った4.69kgの肉が一か月もしないうちになくなりました(笑)

毎日牛丼食っています。。。(笑)

そしてつゆも冷凍して次回に使う回せます!

大変便利なインスタントポット。 まだお持ちでない方はぜひ。

インスタントポットにこだわりがなければ、電気圧力鍋でもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました