2020年最新!北米(アメリカ市場)のリセールバリューが高い車10選

スポンサーリンク
アメリカ駐在お役立ち情報

みなさんは車を購入するときに何を重視して購入しますか?

車種?
燃費?
価格?

会社から支給やリースがない限り避けては通れない自動車の購入。

駐在員の皆さんは、永住する!!と決断しない限り、かならず帰任前に車を手放すことになります。

(愛着があって日本に持って帰るという選択肢もありますが、ほとんどの方は手放すと思います。)

買った車を売るときに、あまり値下がりせずに売れたら赴任中に車にかかる出費を抑えることができます。

リセールバリューが高い車(値下がりしにくい車)を購入することも賢い車の買い方の一つです。

この記事では、KBBが発表した2020年1月のリセールバリューが高い車ランキングトップ10を紹介します。

KBBによると、アメリカで新車を買って5年後のリセールバリューは36%です。

ようするに・・・10,000ドルの車は、5年後に3,600ドルで売れるということです。

KBBとはアメリカの新車、中古車の相場を提供しているサイト(企業)です。

新車の価格はもちろんですが、中古車も、車種、距離、年式など情報を入力することで相場を知ることもできますし、自分の車の値段も知ることができます。

さらにKBBで新車、中古車も探すことができるので、アメリカで車を探す場合は必須サイトです。

ちなみに、コメントは独断と偏見で付け足しています。

適当に流し読みしてください。(笑)

それではランキングに移ります。

スポンサーリンク

10位 ダッジ ラム Dodge Ram 1500 リセールバリュー 

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー すみません、分かりませんでした。

おそらく52%だと思います。

ダッジのフルサイズピックアップトラック 「ラム1500」

エンジンはV6 3600cc 305hp 8速オートマです。

9位 フォード レンジャー Ford Ranger リセールバリュー 

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー 52.3%

フォードのミドルサイズピックアップトラック 「レンジャー」

エンジンは直4 2300ccエコターボのみ 燃費は23MPG

8位 GMC シエラ Sierra リセールバリュー

写真はGMC HPより引用

5年後のリセールバリュー 52.5%

GMCのフルサイズピックアップトラック 「シエラ」

シボレー シルバラードのOEMであり、リセールバリューもほとんど変わりません。

日本の場合だとOEM車でもメーカーによってはリセールバリューの価格の差が出てきますが、アメリカではそうでもないようです。

7位 シボレー シルバラード Chevrolet Silverado リセールバリュー

シルバラード

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー 52.7%

シボレーのフルサイズピックアップトラック 「シルバラード」 エンジンは2700ccターボから6200ccV8エンジンまでラインナップがあります。

6位 シボレー コルベット Chevrolet Corvette C8 リセールバリュー

シボレーコルベット

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュ54.9%

シボレーのスーパースポーツ「コルベット」そして、シボレー初のミッドシップエンジン。

デザインがすごいかっこいいです!

外観は欧州車の超高級スーパーカーと比べても、見劣りしないと思います。

ちなみに、日本仕様の発売は2020年1月より発売されていて、お値段は1180万円からだそうです。約2倍の値段・・・

並行輸入する業者も現れそうですね。

個人的な感想が出てしまいました・・・

エンジンは、V8 6200ccのOHV。

最高出力495hp 最大トルク637Nmです。

燃費は19MPG

0-から60mph(100km/h)の加速時間がわずか3秒以下で最高速は、194mph(310km/h)です。それでいて、通勤にも快適使えてお値段も60000ドル以下に買えるお得な車です(笑)

アメ車のスポーツカーといえば、コルベットかダッジバイパーが有名です。そして、価格も高いです。スポーツカーというよりスーパーカーですね。

5位 トヨタ 4ランナー TOYOTA 4Runner リセールバリュー

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー 56.1%

トヨタのオフロードSUV 「4ランナー」

エンジンは、V6 4000cc

元々、日本ではハイラックスサーフとして発売されていました。北米版がこの「4ランナー」です。

日本はN210系を最後に、生産中止になっていますが、北米ではフルモデルチェンジしてN280系(第5世代)で販売が継続され、人気モデルです。

日本でも並行輸入されて、高値で売られています。

4位 トヨタ タンドラ TOYOTA TUNDRA リセールバリュー

タンドラ

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー 57.2%

トヨタのフルサイズピックアップトラック「タンドラ」

このモデルからテキサス州サンアントニオ工場で製造されています。

エンジンはV8 5700cc 381hp

車体もエンジンも日本車らしからぬ超巨大です。

日本で見た時は、日本の道に対して車幅がギリギリで大きすぎて周囲の車を圧倒していましたが・・・

アメリカに来ると周りがでかい車ばかりなので、普通ですね。

3位 ジープ ラングラー Jeep Wrangler リセールバリュー

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー 57.6%

ジープのオフロードSUV 「ラングラー」

これぞジープですね。日本でも大人気でよく見かけます。

エンジンはV6 3600ccで285hpです。

日本でも人気のジープラングラー!!アメリカに来た時に乗りたくて探しましたが、リセールバリューが高いので売値も年式の割には高くて買えませんでした(笑)

年式が古いと故障も多いとウワサで聞きましたが、どうなんでしょうか?

ジープと聞くとどうしても故障しやすいという固定観念があります・・・

2位 ジープ グラディエーター Jeep Gladiator リセールバリュー

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー 58.0%

シープのピックアップトラック 「グラディエーター」

ラングラーをベースにしたピックアップトラックです。

この車を最初に見た時、衝撃で思わずネットで調べました(笑)

ありそうでなかったラングラーのピックアップトラック。かっこいいです。

エンジンはV6 3600ccで285hpです。 ジープラングラーを抑えて堂々の2位です。

1位 トヨタ タコマ TOYOTA TACOMA リセールバリュー

タコマ

写真はWikipediaより引用

5年後のリセールバリュー 60.6%

トヨタのミドルサイズのピックアップトラック 「タコマ」

堂々の6年連続でリセールバリュー1位です。

6年間変わらず1位ということはトヨタの信頼性と品質が優れている1つの証拠ですね。

アメリカでは、高速道路の路肩によく故障車が止まっていますが、トヨタ車は見たことないような・・・(言い過ぎ?)

エンジンは、直4 2700ccとV6 3500ccの2種類です。

元々、日本で発売されていたピックアップトラック「ハイラックス」の北米版です。

ハイラックスは、最近モデルチェンジして復活しましたが、タコマとは全くデザインが違いますね。

4ランナーと同様に日本で並行輸入され高値で売られています。

まとめ

以上がリセールバリューの高い車ランキングトップ10になります。

順位を表にまとめました。

順位メーカー車種リセールバリュー
TOYOTATACOMA60.0%
JEEPGladiator58.0%
JEEPWrangler57.6%
TOYOTATUNDRA57.2%
TOYOTA4RUNNER56.1%
ChevroletCorvette C854.9%
ChevroletSilverado52.7%
GMCSierra52.5%
FordRanger52.3%
10DodgeRam52? %

TOYOTAがすごいですね。3車種ラインナップ!

他の日系メーカーがランキング外なのが悲しいです。

たくあん!が車買うときも、丈夫で(壊れにくい)リセールバリューが高い

小さい子どもがいるので、万が一事故の時もボディが頑丈な車を基準にしました。

ピックアップトラックとオフロードSUVは、ラダーフレームを採用していて,車体がかなり頑丈なんです

もちろん、購入した車はリセールバリューランキングに入っています。

このランキングを見て、ピックアップトラックとオフロードSUVしかないじゃん!!

リセールバリューが高いのは分かったけど、燃費も悪いし、そんなん買う予定なし!!

って人が多いと思います・・・(笑)

コンパクトカー、SUVなど分野別でまとめた記事はこちらです。

こちらも参考にしてください。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました